遠隔画像診断支援事業

Teleradiology Service
遠隔画像診断支援事業

日本における100万人あたりのCT保有台数は約100台で、MRI保有台数は約47台といずれも世界第1位に位置しています。(2019年 厚労省資料)
一方、CTやMRIの高度な画像診断を専門に行う放射線診断専門医の数は約5,500名(2017年 日本医学放射線学会資料)で人口約2万3千人に1人の専門医しかおりません。

放射線診断専門医の不足を危惧し、多くの患者さんが高度な診断を享受できることを目指し、2002年に北海道大学放射線科が中心となり、現在のNPO法人の前身となる(株)メディカルイメージラボを設立しました。
設立以来、現在まで約18年間に渡り延べ100万件の画像診断を行ってまいりました。

これからも多忙を極める診療現場を支援し、多くの患者さんが安心して診療を受けられることを目指して遠隔画像診断支援事業を継続・発展してまいります。

連携医療機関数 51箇所
画像診断医数 45名
提携画像診断センター 1箇所
1ヶ月の画像診断支援件数 約6,900件