ABOUT MIL
メディカルイメージラボについて

理事長あいさつ

特定非営利活動法人メディカルイメージラボについてご挨拶させて頂きます。

当法人は、北海道大学放射線科、同門会有志で検討を重ね、前身の(株)メディカルイメージラボを発展的に解散し、2015年9月に設立されたもので、同年10月から事業を開始致しました。

道内医療機関の医師、学生、医療従事者に対する支援を行い、医学教育、医学研究、医療に寄与する事が目的です。事業内容は、医学研究・医学教育支援事業、遠隔画像診断支援事業、遠隔放射線治療支援事業、共同研究型医療用システム及び医療材料・医療器材の研究開発事業の4本柱から成っております。

医学研究・医学教育支援事業は、放射線医学に関する研究会の開催、連携医療機関とのカンファランス、放射線に関するセミナー、放射線治療の市民向け公開講座、放射線技師会開催の教育講座等の共催が挙げられます。

遠隔画像診断支援事業は、Canonとの共同研究で開発されたクラウド型の画像管理通信システム(Medical Image Place:MIP)を用いて、現在約50の道内医療機関と連携しています。読影レポートの質、即時性を謳い文句に、年間約8万件の遠隔診断支援が行なわれております。

遠隔放射線治療支援事業は、MIPを利用し、治療計画、照射野の照合、線量の確認等、放射線治療の質管理をするもので、道内6病院が遠隔治療支援を受けております。

共同研究型医療用システム及び医療材料・医療器材の研究開発事業は、企業との共同で、遠隔画像診断・放射線治療支援システムの機能向上、診断・治療用器材の開発です。

ご興味をお持ち頂ければ幸いです。ご支援の程、宜しくお願い申し上げます。又、賛助会員の入会を募集しておりますので、併せてご案内いたします。

特定非営利活動法人メディカルイメージラボ
理事長
北海道大学名誉教授 宮坂和男

組織概要

組織概要
理事長
宮坂和男
(北海道大学名誉教授)
副理事長
工藤與亮
(北海道大学大学院 医学研究院 放射線科学分野 画像診断学教室 教授)
理事
吉川裕幸
(JCHO北辰病院 統括診療部長)
理事
寺江 聡
(市立札幌病院 理事)
理事
南部敏和
(北海道がんセンター 放射線診療部長)
理事
青山英史
(北海道大学大学院 医学研究院 放射線科学分野 放射線治療学教室 教授)
監事
清水 匡
(国家公務員共済組合連合会 斗南病院 診療部顧問)
事務局長
平澤之規
(専任)
正会員(社員)数 45名
賛助会員数 26名
定款 PDF
連携教育研究機関 北海道大学大学院 医学研究院 放射線科学分野 画像診断学教室
北海道大学大学院 医学研究院 放射線科学分野 放射線治療学教室
連携医療機関 北海道大学病院放射線診断科
北海道大学病院核医学診療科
北海道大学病院放射線治療科
他、北海道内医療機関 51施設
画像診断医の人数 45名
放射線治療医の人数 14名

事業報告